MARU 「I CAN HANDLE IT」

投稿日: カテゴリー: JUMP WORLD

MARU「I CAN HANDLE IT」

MARU「I CAN HANDLE IT」
KATS-1015     \2,600 (+tax)
2016年12月7日 ON SALE

01.Lover Man / 02. Getaway / 03. Misty
04. Agua De Beber(Water To Drink) /
05. Doesn’t Really Matter /
06. Hallelujah I love Her So
07. Georgia On My Mind / 08. Rehab
09. Autumn Leaves / 10. Everything Must Change

Produced by Makoto Kuriya & Haruo Mita / All songs arranged by Makoto Kuriya / Directed by Haruo Mita

MARU:Vocal / Makoto Kuriya:Piano & Fender Rhodes / Koichi Osamu:Bass(M-1,2,3,4,5,6,8) /
Takahiro“matzz”Matsuoka:Percussion(M-1,2,8) / Takayoshi Baba:Guitar(M-5,6,9) /
Gennoshin Yasui:Percussion(M-4) / Yukiko Ishii:Violin(M-2) / Kaori Okada:Cello(M-2) /
Backing Vocal by Makoto Kuriya, Koichi Osamu, Takahiro“matzz”Matsuoka(M-8)

Recorded by Takahiro Yamaguchi at oasis studio home(2016/7.26&28) & Studio ATLIO(2016/8/10&29)
Mixed by Neeraj Khajanchi at NK SOUND TOKYO / Mastered by Akihiito Yoshikawa at Studio dede

iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、ハイレゾはe-onkyo、moraなど主要音楽配信サイトで配信中。

R&B界の歌姫MARUが衝撃のジャズ界デビュー。
クリヤ・マコトのサウンドプロデュースの下、ジャズ・スタンダードはもとより、
R&Bやポップスの名曲の数々が見事なジャズに生まれ変わる!

「Misty」「Autumn Leaves」等のジャズ・スタンダードや、エイミー・ワインハウス「Rehab」、ジャネット・ジャクソン「Doesn’t Really Matter」、EW&F「Getaway」などR&Bやポップスからの多彩な選曲を、クリヤ・マコトによる巧みなアレンジで歌姫MARUがのびのびと歌う、ジャズフィーリング溢れたアルバム。

—————————————————————————–
オーセンティックなアレンジでも、彼女のソウルフルな歌声が冴え渡る。昔でもなく今ですらなく、送られて来た音源に便宜的に付けられていた名前通りの、これぞ”MARU JAZZ”。一聴するとエレガントだけど、気が付けば常にファンキー。誰にも真似出来ないジャズが完成したね。GETAWAYのカバーにはぶっ飛ばされたよ。     沖野修也(Kyoto Jazz Massive)
—————————————————————————–

amazon
TOWER RECORDS
iTunes
YouTube
MARU profile
MARU HP