JUMP WORLD

INFORMATION
label@superboy.co.jp

JUMP WORLD 全ての作品はこちらから

Music

Artist

小田切 大

歌手・ソングライター。1976年生まれ。東京出身。日本大学芸術学部中退。趣味は茶道。1999年にバンド【新宿フォーク】のリーダー兼ヴォーカルとして活動をスタート。2005年、コロムビアよりフルアルバム『RAINBOWMAN』でメジャー・デビュー。ソウルフルな音楽と、派手でグルーヴィーなライブ・パフォーマンスが注目を集めるも、2009年に解散。解散とほぼ同時にライブ活動を一時離れ、都内の酒場で流しをして日銭を稼ぐ修行生活を始める。リクエストに応えて歌謡曲を歌う日々に明け暮れたが、ある日オリジナル曲をリクエストされ演奏したところ、“そろそろCDを作るべきだ”と客に諭された事をきっかけにソロアルバムの制作を決意。ライブ活動も併せて再開。等身大の日本人の歌を大切にしながら自分らしい音楽観を広げている。2010年4月下旬より放送の「カルピス」TV-CMでは歌唱を担当し、とうとう酒場からお茶の間への進出を果たした。また最近は音楽活動以外にも、持ち前の声の魅力を活かし多くのTV-CMでナレーターを務めている。

小田切大 HP

ギラ・ジルカ

歌手・ソングライター。イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で産まれ育つ。保育園からハイスクールまで神戸のインターナショナルスクールに学んだ後、ボストンのバークリー音楽大学に留学。英語と日本語のバイリンガルで、ジャズ・ヴォーカルも本場仕込み。`91年バークリーを卒業後、地元神戸に戻りタレントとしてTV やラジオの仕事を 始めるが、`95年阪神淡路大震災での被災をきっかけに東京に進出。ラジオのDJ、CM ソングなどの仕事をしながらジャズのライブを始める。`02年からはソロ活動を控え、自ら率いるゴスペルスタイルグループ【voissalot choir】の活動を中心に行い、さらに`06年からは男性ヴォーカリスト矢幅歩とのユニット【SOLO-DUO】でデュエットライブも開始。`09年3月に【voissalot choir】が念願のNY アポロシアターに出演したのを一区切りに、以降ソロでの活動に専念。`10年5月「第11 回神戸ジャズ・ヴォーカル・クイーンコンテスト」でグランプリを受賞。同年10月には初ソロアルバム『all Me』をリリース。[JAZZ JAPAN][JAZZ LIFE][ジャズ批評]等の専門誌をはじめ一般紙でも紹介され、朝日新聞では二度に渡って大きく取り上げられ話題に。翌年9月には2枚目のアルバム『appearance』をリリースし、自身初のバンド編成での全国ツアーを敢行し、ファイナルの渋谷JZ Brat は満員御礼の大盛況となった。`12年2月には六本木STB139 にてデビュー20周年記念イベントをお馴染のメンバーに加えスペシャルゲストばんばひろふみ等を迎え開催。`13年7月には3rdアルバム『Day Dreaming』をリリース。ジャズにパワー溢れるソウルフルなエッセンスを加えたヴォーカルは聴く人を楽しく癒す。現在、神奈川県にある洗足学園音楽大学でジャズ・ヴォーカルの講師も務めている。

ギラ・ジルカ HP

SOLO-DUO ギラ・ジルカ&矢幅歩

ソロ活動をしていたギラ・ジルカと矢幅歩が2006年にライブハウスで偶然出会い、出会ったその場で突然デュオとしてライブを披露。そのコンビネーションが抜群だったので、その後ユニットとして本格活動開始。2008年に2曲入りのCDを自主制作。ギラも矢幅も2010年と2011年に互いにソロ・アルバムを発表後、各々ソロ作のリリースを重ね、ギラはジャズ・ヴォーカル界やR&B界で、矢幅はジャズ・ヴォーカル界やJ-POP界で確固たる地位を築きつつある。【SOLO-DUO】として2013年にミニアルバム『breathing…』を発表。2014年にはライブ会場限定販売シングル『Yestreday Once More』と『A Frake Of Snow』を、そして2016年には待望のフルアルバム『Morning Light』をリリース。華やかでエンターテイメント性の高いステージは高い評価を得ており、ジャズやポップス、R&Bなどジャンルの垣根を越え、あらゆる音楽ファンに好評を博している。

ギラ・ジルカ HP
矢幅歩 HP

ダブル・レインボウ=小沼ようすけ×宮本貴奈

八面六臂の活躍でジャズギタリストとして今最も多忙を極める小沼ようすけと、長い海外活動から帰国し話題沸騰中のジャズピアニスト宮本貴奈によるデュオ・ユニットとして2012年より活動開始。日本のジャズシーンを牽引する二人のサウンドが一つに溶け合い、ギターとピアノのデュオに新たな可能性を切り拓いている。その瑞々しいサウンドは、聴く人の心に様々な風景を想起させる…。

[小沼 ようすけ(Guitarist)]
秋田県出身。14才でギターを始める。2001年、『nu jazz』でSony Musicよりデビュー。初のNY録音となる4作目『The Three Primary Colors』でリチャード・ボナ(bass)と共演し、彼から奏でられたあたたかい音色、広大さ、美しさに感銘を受けこれまで使用していたピックを捨てフィンガー・ピッカーに転向。2006年より東京から湘南に拠点を移し、海の側でのライフスタイルを表現することに傾倒したアルバム『Beautiful Day』、カリブのリズム“グウォッカ”をフィーチャーしたアルバム『Jam Ka』で自然要素を含んだ独自の世界感を表現。ジャンルの壁を越えて活動、常に進化する奏法、常に進行形である音楽性、まさに唯一無二なギタリストである。

[宮本 貴奈(Pianist/Composer)]
茨城県結城市出身、結城紬大使。幼少からエレクトーンを学び、14歳で作曲家になると決心、高校卒業後渡米、バークリー音大の映画音楽&ジャズ作曲科卒業。全米エドマンピアノ大会で優勝、NYでの活動を経てアトランタへ拠点を移し、ジョージア州立大院卒。米・英に19年在住、約30カ国で活動を展開。ニーナ・フリーロン、レネ・マリー、リズ・ライト、カーク・ウェイラム、アイリーン・キャラ等と共演。2001年にピアノ・編曲・音楽監督を担当したアルバムが米グラミー賞2部門でノミネート、二年連続「アトランタベストジャズアクト」他受賞。2012年に帰国、『On My Way』で日本デビュー。TOKU、狩野泰一、マヤ・ハッチ、飯田さつき等、幅広いスタイルのサウンドプロデュース・アレンジを担当。 映画「種まく旅人」「ふるさとがえり」「マーチング~明日へ」(日野皓正と映画にも出演)、NHK「日本の話芸」等の音楽担当。国立音楽大学ジャズ科講師。

小沼ようすけ HP
宮本貴奈 HP

橋本一子&中村善郎

ジャズからポップスまで幅広い活動をする“橋本一子”と、日本のボサノヴァシーンの第一人者“中村善郎”によるボサノヴァデュオ。橋本の澄んだ声とピアノ、中村の甘い声とギターのマッチングは至福のサウンド。アルバム「duo」は、発表直後から早くもボサノヴァの名盤として後世まで残る作品と評価されている。

[橋本一子]
ノンジャンルでカテゴライズされない独自の音楽で音楽界の先端を走り続ける。1980年のYMO「テクノポリス2000-20」へのゲスト参加をはじめ、内外の多彩なアーティストと共演。1981年の『Colored Music』以来20枚以上のリーダー作をリリース。映画やアニメ、CM等の音楽も多数。近年ではアニメ「コードギアス~亡国のアキト」の音楽、「LUPIN the Third -峰不二子」のオープニングテーマでのリーディングで話題を集めた。

[中村善郎]
1990年『リテラリオ』でCDデビュー。抑制の効いたヴォーカルと端正なアコースティック・ギターの演奏でブラジルをはじめ海外でも高く評価されるボサノヴァ・マエストロ。ピエール・バルー、リチャード・ボナ、リシャール・ガリアーノなど世界のトップミュージシャンとも共演。2014年10?11月自身の作・編曲・演奏による「おつきさまのうた」がNHKみんなのうたとして放送された。

橋本一子 HP
中村善郎 HP

MARU

神戸市出身。4才でピアノを始め、17歳でアメリカに留学の後、本格的に音楽活動開始。セッションワークを重ねる中、ブラックミュージックをベースにしたその抜きん出たボーカル・パフォーマンスが各所で脚光を浴び、オファーが殺到。ミュージシャンズミュージシャンとして嘱望される本格派シンガーである。Superfly、黒沢薫など、日本のトップアーティストのコーラスを経験。リードシンガーN’Dea Davenportに見初められ、アシッド・ジャズムーブメントの発信元となったイギリスのバンドThe Brand New Heaviesのツアーメンバーとして、アメリカツアー、オーストラリアツアー等にもコーラスとして参加。ROOT SOUL、沖野修也などと共に、上海・カザフスタンでも公演を行ない、国内のみならず国外でも活躍している。 2010年12月には、ソロユニット【Fire Lily】としてファーストアルバム『Eternal Story』をリリース。徳間ジャパンより待望のメジャーデビューを果たす。2014年よりアーティスト名を元々の活動名【MARU】とし、リニューアルスタート。通算、アルバム2枚・ミニアルバム1枚・シングル1枚をリリースしている。中でも2015年1月21日に発売したアルバム『Love and Love』では、セルフプロデュースで作詞・作曲から編曲・トラックメイキングまでこなすマルチタレントの持ち主だ。2011年には、ジャズピアニストのクリヤ・マコトのジャズプロジェクトにも参加し、CSテレ朝チャンネル「源流ジャズ」出演も果たした。ミュージシャンとの親交も厚く、日野賢二、鈴木勲、KANKAWA等のアルバムにフィーチャリングシンガーとして参加もしている。2015年9月にはブロードウェイミュージカル「RENT」にMrs. Jefferson役として出演。代表曲「Seasons of love」のソリストを担う。また2016年6月にはオフブロードウェイミュージカル「Radiant Baby」日本公演にラジオの女役として出演した。2016年12月には、遂にジャズヴォーカリストとしてデビュー。クリヤ・マコトの適確なサウンドプロデュースの下、ジャズ・スタンダードからR&Bやポップスの曲を自在に歌いこなし、新たなる歌姫として注目されている。

MARU HP

tea

インド、プネ出身のシンガー/ソングライター。
出身地であるマハラシュトラ州の歌唱コンテストで優勝、またインド全国ネットのテレビ番組FameXに出演しファイナリストに選ばれる等、早くから才能を発揮。R&B、Jazz、Classic等の西洋音楽からインド伝統音楽まで幅広いスタイルに対応。
インドでプロシンガーとして活動後、2011 年にアメリカのバークリー音楽大学に入学し、2013 年同大学ソングライティング科を卒業。
卒業後は Blue Note New York や San Francisco Jazz Center をはじめとする有名会場での出演や、ニューヨークでミュージカルのヴォイストレーナーとしても活躍。
2015 年にはイギリスの作曲コンテストUKSC のR&B/URBAN 部門にて時枝弘との共作”I Will Bleed”がファイナリストに選ばれる。
2016 年から拠点を日本に移し活動を開始し、同年4 月21 日に自身初となるシングルCD “Trupti” を発表。
現在は東京を中心に自身のライブ、様々なアーティストとのコラボレーション等精力的に活動中。

tea is an Indian-born Singer-Songwriter and Berklee College of Music graduate.
Her exposure to different forms of music such as Indian & Western Classical, R&B, Jazz and Popular Music has contributed extensively to her broad perspective, ideas and versatility.
She has performed live at several jazz venues in India, Blue Note, New York, USA and San Francisco Jazz Center, San
Francisco, USA.
She has won an all-state singing competition in India. She has also been a finalist on a Reality TV show called ‘FameX’ on national television in India, and a finalist in an international songwriting competition in the UK.
Currently based in Tokyo, Japan, she is in the midst of collaborations with several musicians and writers.
Her extended single called Trupti was released in the year 2016.