TEOREMA

INFORMATION
teorema@superboy.co.jp

TEOREMA 全ての作品はこちらから

Music

Artist

木津 茂理

民謡歌手・太鼓奏者。父は尺八奏者、木津竹嶺。民謡一家に育ち、幼少の頃よりテレビやラジオの民謡番組、各民謡ステージに出演。「民謡」の世界に留まらず、洋楽系アーティスト、海外アーティストとのコラボレーションなど、ジャンルにとらわれることなく活動の範囲を広げる。 1997年、第一回ウズベキスタン世界民族音楽祭にて、太鼓を担ぎ、たったひとりで日本代表として参加。審査員特別賞を受賞。これを機にソロライブを開始し、「太鼓を打ちながらうたう」というスタイルで独自の民謡観を広げている。ソロ活動の傍ら、2002年には津軽三味線の重鎮、澤田勝秋師とデュオ『つるとかめ』を結成。国内公演はもちろん、東南アジア、ヨーロッパ、中央アジアなど海外公演も積極的に行う。アテネオリンピックでのシンクロナイズドスイミング日本代表の唄と演奏や、「愛・地球博バイオラングシンフォニー」の唄を担当するなど幅広く活躍している。

木津茂理 HP

Giulietta Machine

`00年夏に、江藤直子、藤井信雄、大津真の3人で録音ユニットとして結成。eweより2枚のアルバム『Giulietta Machine』『Hula Pool』をリリース。`05年ベーシストの西村雄介が加入しライブ活動も開始する。`09年TEOREMAレーベルに移籍しサードアルバム『Cinema Giulietta』をリリースし、世界的DJジャイルス・ピーターソンや松浦俊夫など内外のコアな音楽シーンから注目を集めた。`10年には阿久悠トリビュートアルバムで【相対性理論】のやくしまるえつこが歌う「きりきり舞い」のアレンジを担当するなど活躍の場を益々広げている。`12年には通算4枚目のアルバム『Machina Nostalgia』をリリース。強力なゲストミュージシャンを迎え、幻想的で色彩豊かなアルバムに仕上がっている。さまざまなジャンルの音楽のエッセンスを凝縮し、独特の世界観をかもしだすユニークなサウンドは、“聴くモルヒネ”とも評されている。その制作プロセスは、「作曲」「アレンジ」「演奏」「録音」「ミックス」という直線的な流れではなく、すべてが同じ時間軸上で互いにからみあいながら作品を作り上げるという独特のスタイルで行われている。

Giulietta Machine HP

WA-OTO ~中西圭三/狩野泰一/宮本貴奈

中西圭三、狩野泰一、宮本貴奈、ソロで活躍する三名が「日本の心」「日本のスタンダード」を次世代に伝えるユニット【WA-OTO(ワオト)】を結成。和と洋の融合が聴く者を惹きつける。アルバムリリースを期に、それぞれの活動と並行しながら、各地のコンサートホールやイベントでその活動を拡げている。また、結城市(「紬のふるさと」)、臼杵市(「種まく旅人」)、小山市(「WATARASE」)など各地のイメージ曲をWA-OTOとして多数手がけている。


[中西圭三(シンガー・ソングライター)]
1991年デビュー。この年、ZOOに提供した「Choo Choo Train」がミリオンヒットし、第13回JAM広告音楽大競技会作曲賞を受賞。1992年には歌手として自らの楽曲「Woman」が大ヒットし、第34回日本レコード大賞作曲賞を受賞した。その後ピーボ・ブライソンへの楽曲提供でグラミー賞にノミネートされたり、NHK「おかあさんといっしょ」での『ぼよよん行進曲』の楽曲提供など幅広い活動を続けている。


[狩野泰一(篠笛奏者)]
1987年「鼓童」に参加し1997年に独立。佐渡島に暮らしながら「篠笛」の新たな音世界を広げて2005年にメジャーデビューし、多くのCD、楽譜集等を出版。これまで世界30カ国で2,000回を越える公演をし、笛・祭り文化の再興のため篠笛講習会を全国で展開。映画、テレビ、CM等の音楽プロデュースも手がけ、天皇皇后両陛下の御前演奏も務めた。東京ドームで空手の世界チャンピオン宇佐美里香とコラボ他、様々なアーティストとの共演多数。


[宮本貴奈(ピアニスト・作曲家)]
茨城県結城市出身、米バークリー音大&ジョージア州立大院卒。米英に19年在住、約30カ国で活動を展開。参加アルバムが2001年米グラミー賞2部門でノミネート、2年連続アトランタベストジャズ他受賞。幅広いソロ&コラボ活動の他、TOKU(v/flghn)等のプロデュース、映画「ふるさとがえり」「マーチング」、NHK「日本の話芸」等の音楽担当。国立音大講師。代表作は『オンマイウェイ』と小沼ようすけ(g)との『ボヤージュ』。

中西圭三 HP
狩野泰一 HP
宮本貴奈 HP